logo

例会情報

日フィン協会では毎月講師を招いて講演会を行っています。

講演内容は日本とフィンランドに共通して関わるテーマで、教育、医療、科学、
音楽等、巾広い分野にわたっています。
毎回お話しの後、講師との軽食会が続きます。

10月例会:「第20回渡邉忠恕記念奨学金授与式」

日時:平成28年10月28日(金)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)
持ち物: 室内履き(スリッパなど)
申し込み締切:平成28年10月21日(金)

【第20回 渡邉忠恕記念奨学金 授賞者】

サルメ・ヴァンハネン氏 (Ms. Salme Vanhanen) 27才 ヘルシンキ在住

メトロポリア応用大学卒テキスタイル修復専攻。京都にある川島テキスタイル
スクールの外国人向けの絣(かすり)織り応用コース(2016年11月8日〜21日)に
参加するための費用の一部として奨学金を使いたい。一年後にはこの学校で
日本の伝統的な工法で着物地を織り上げることを目標としている。
2014年にもこの基礎コースに参加しており、そのときにテキスタイル修復の
技術にも触れた。さらに日本での関係を深め、他のフィンランド人もより日本の
織りに興味を持つように貢献していきたいと思っている。
日本語は中級レベル。美術館・博物館などの修復担当も行なっている。


9月例会:「ヘレン・シャルフベックの人生と芸術」


日時:平成28年9月27日(火)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
講師:佐藤直樹氏(東京藝術大学 美術学部芸術学科 准教授)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)
持ち物: 室内履き(スリッパなど)
申し込み締切:平成28年9月20日(火)

「フィンランドを代表する女性芸術家ヘレン・シャルフベックの日本で初めての展覧会が、
2015年、東京を皮切りに3会場に巡回しました。
この展覧会の出品作品を振り返りながら、シャルフベックの芸術について見ていきたいと思います。
パリのアートシーンからだけでなく、イギリス美術、ジャポニスムの影響なども検討する予定です。」
お楽しみに。






8月例会第20回渡邉忠恕記念奨学金授与式

日時:平成28年8月8日(月)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)
持ち物: 室内履き(スリッパなど)
【第20回 渡邉忠恕記念奨学金 授賞者】


アーロ・ハーヴィスト氏 (Mr. Aaro Haavisto) 24才 ヘルシンキ在住

ヘルシンキ大学日本研究修士課程在学。
島根県における出雲大社とその他の神社がもつこの地域の信仰心
および俗説との関連を探る研究を行なっており、
最終的にはこの周辺の宗教地図のようなものを作り出せればと思っている。
今回の奨学金は2016年夏に計画している現地調査
(資料調査、アンケートやインタビュー調査)に使用する予定。
2014〜2015年には神戸大学に交換留学生として在籍。
その間、瀬戸内海に浮かぶ友ヶ島の歴史についての研究を行なった。
現在は、学業の傍らエスポーンラハティ高校(Espoonlahden lukio)の
初級日本語の教師も行なっている。



第4回(通算41回)通常総会」
日時:平成28年6月27日(月)午後5時より (開始時刻にご注意ください。)
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)



6月例会:「フィンランドのバレエ事情

日時:平成28年6月27日(月)午後6時30分(通常総会終了後)
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
講師:小守麻衣氏(バレリーナ、フィンランド国立バレエ団所属)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)
持ち物: 室内履き(スリッパなど)
申し込み締切:平成28年6月20日(月)

フィンランド国立バレエ団でご活躍の小守麻衣さんに
フィンランドのバレエ事情などについて、お話ししていただく予定です。
お楽しみに。

5月例会:「会員親睦会

日時:平成28年5月30日(月)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)
持ち物: 室内履き(スリッパなど)
申し込み締切:平成28年5月23日(月)

例年、通常総会のあとに開催していた会員親睦会ですが、
本年は5月例会として開催いたしますので、
ぜひ大勢ご参加いただき、お互いを知りあうよい機会に
したいと思います。




4月例会:「青と白に魅せられて 私とフィンランド、そして染付」

日時:平成28年4月26日(火)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
講師:福西雅之氏(陶芸家、当会会員)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)
持ち物: 室内履き(スリッパなど)
申し込み締切:平成28年4月19日(火)

「学生時代に関わることになった北欧フィンランドの思い出。
そして不思議な縁で陶芸の道に進むことになったいきさつから現在に至るまでの話。
そして『染付』という焼き物とはどんなものか。」
製作過程なども見せていただきながら、お話していただきます。
お楽しみに。



3月例会:「映画監督アキ・カウリスマキの魅力」

日時:平成28年3月23日(水)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
講師:立花珠樹氏(共同通信編集委員)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)
持ち物: 室内履き(スリッパなど)
申し込み締切:平成28年3月16日(水)

957年生まれ、フィンランドを代表する映画監督アキ・カウリスマキ監督は、独特のユーモアと哀愁に
あふれた作品で知られています。
カウリスマキ作品の大のファンであるという立花さんに、映画記者としてのインタビュー体験なども
交えながら、作品の魅力を語っていただきます。


2月例会:
Preparing for the double anniversary 2017/2019
of Finland 100 Years and 100 Years of Diplomatic
Relations between Finland and Japan」

日時:平成28年2月23日(火)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
講師:ヤーッコ・レヘトヴィルタ氏(フィンランド大使館 公使参事官)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)
持ち物: 室内履き(スリッパなど)

2013年に着任なさったレヘトヴィルタ公使参事官に
お話ししていただきます(英語)。お楽しみに。

☆2016年2月16日(火)までにご返信下さい。





1月例会:「日本フィンランド友好議員連盟」

日時:平成28年1月27日(水)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
講師:小池百合子氏(日本フィンランド友好議員連盟 会長)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)
持ち物: 室内履き(スリッパなど)

「日本フィンランド友好議員連盟は40名を超える超党派の衆参議員が参加、
二国間の友好関係強化を目的に活動しています。

フィンランドの育児政策や女性の活躍推進、経済・社会など参考となる政策
について勉強会を開催。相互の友好議員連盟会長が相手国を訪問するなど、
議員間交流も盛んに行っています。友好議員連盟の活動、そしてその果たす
役割についてご紹介します。」ということでお話していただきます。お楽しみに。

「定員に達した場合は、お席が用意できないことがあります。
事前にお申込みいただいた方から優先してお席をご用意いたします。」
ご出欠を平成28年1月20日(水)までにFAX、メールにて事務局までお知らせ下さい。
また万が一ご出欠に変更がある場合は例会開催5日前までにご連絡下さい。
それ以降ご連絡につきましては会費を頂くこともございますので、悪しからずご了承下さい。






12月例会:「クリスマス会」


日時:12月5日(土)午後1時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
会費:2,500 円 (会員外の方は3,000 円)
その他:プレゼント交換をしますので、お一人様1000円程度の
プレゼントをお持ちください。

11月例会:「Sibelius and the flute 
Flute's role in orchestral music of Sibelius」


日時:平成27年11月18日(水)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
講師:ヨハンネス・パッキラ氏(第19回渡邉忠恕記念奨学金受賞者)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)


10月例会:「フィンランドビジネスアップデート 
− ゲーム産業とスタートアップエコシステム」


日時:平成27年10月16日(金)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
講師:田中浩一氏(フィンランド大使館 商務部 上席商務官)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)
フィンランド産業の新潮流であるスタートアップエコシステムをゲーム産業を中心に紹介して
いただきます。お楽しみに。

9月例会:「オーロラファンタジー紀行
(一生に一度は見たいオーロラ・その魅力と極北の地)


日時:平成27年9月9日(水)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
講師:門脇久芳氏(写真家)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)
人々を魅了するオーロラ。オーロラを発生させるエネルギーの源は太陽です。
太陽活動が活発な時期には、まれに北海道でオーロラが観測される事もあり、今年3月と6月にも
観測されましたが、低緯度オーロラと呼ばれる暖色のオーロラには動きはありません。
しかし、フィンランドのラップランド地方を含む北極圏や南極圏の極地では夜空をダイナミックに舞う
神秘のオーロラを見る事ができます。
講演では、ラップランドを中心とした北半球全地域のオーロラ写真・わかりやすいオーロラ科学・
オーロラアート・オーロラの音・オーロラの動画・オーロラとUFO?・オーロラエピソードなど、
映像を交えてオーロラの魅力についてお話していただきます。





1、 第3回 (通算40回) 通常総会

 日時:平成27年6月26日(金)午後5:00〜(開始時刻にご注意ください。)
 場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30−2)
 同封の出欠返信用用紙に出欠を明記し、委任状に記名押印の上、ご返送ください。
委任状は欠席の方はもちろんのこと、出席予定の方も万が一出席できない場合に備えて
ご提出下さい。6月23日(火)必着でお願いいたします。E-mailによる返信も受け付けております。
総会にご出席の方は同封の資料を必ずご持参ください。
 また総会終了後午後6:30より下記の通り6月例会を行います。
例会出席の方には軽食を用意いたしますので、総会・例会の出欠を明記してくださるよう、
お願いいたします。
通常総会は当協会の今後の活動について非常に大切な協議の場です。
新年度の活動につきまして会員の方々の積極的なご意見をいただき、
「私たちの会」として、充実・発展させていきたいと存じます。

2、6月例会 「会員親睦会」
日時:平成27年6月26日(金)午後6:30〜 
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30−2)
 会費:1500円(会員外のかたは2000円)


  
5月例会:
「日本の学生にフィンランドの染織文化を伝えて四半世紀」


日時:平成27年5月29日(金)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
講師:大山エリナ氏(会員、愛知教育大学教授)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)
  
 愛知教育大学は国立大学の中でたった一つの染織コースがある学校で、
日本全国から学生が集まる人気コースになっています。
そこでの四半世紀にわたる教育活動についてお話していただきます。

4月例会:「故片山豊理事長追悼会」

日時:平成27年4月20日(月)午後6時30分〜8時30分
会場:セルリアンタワー東急ホテル 地下2階 「朝霧」
     東京都渋谷区桜丘町26-1(電話:03-3476-3000)
会費:5,000円(お一人様) 
申込締切:4月13日(月)
      電話(03-3464-6093)にてお申し込みください。
注)会費については事前のお振込みをお願いしております。
   振込口座はお申し込みの際に案内しております。
また4/17以降のキャンセルにつきましては、
会費の返金はできませんので、予めご了承ください。



3月例会:「『フィンランド理科教科書』を翻訳して」

日時:平成27年3月23日(月)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
講師:宇井久仁子氏(翻訳家・コーディネーター)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)

宇井さんは2013年に出版された「フィンランド理科教科書(化学編)」を翻訳されました。
教科書翻訳について、またフィンランドの化学についてなど、お話していただきます。
お楽しみに。

2月例会:「ヘレン・シャルフベック展2015〜16年日本開催に寄せて」

日時:平成27年2月26日(木)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2)
講師:松田 光司氏(ウジェーヌ・カリエール友の会 会員)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)

「フランス人画家の愛好者として、シャルフベックと出会い、たちまち虜となり、
日本での展覧会を夢見て十年。
染織家・志村ふくみさんをはじめ、フィンランドと日本の学芸員、大学教授、出版社の方々と
主催者・関係者の輪が繋がり、ついに実現したシャルフベック展。
市井の美術愛好家の『画魂』を巡る旅のつづき。」ということでお話していただきます。

1月例会:「にわかフィンランド大使の見たフィンランド」

日時:平成25年1月24日(木)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2、電話03-5458-4162)
講師:丸山 博氏(前駐フィンランド日本大使)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)

2012年秋に勤務を終えられて、帰国なさった大使にお話していただきます。
一番ホットなフィンランド情報を聞かせていただけると思います。



12月例会:「クリスマス会」

日時:平成24年12月15日(土)午後1時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2、電話03-5458-4162)
講師:ラッセ・レヘトネン氏(第16回渡邉忠恕記念奨学金受賞者)
会費:2,500 円 (会員外の方は3,000 円)
その他:プレゼント交換をしますので、お一人様1,000円程度の
プレゼントをお持ちください。

今年の奨学金受賞者レヘトネン氏にお話いただきます。
お楽しみに。

11月例会:「『日本語人』としての多様な活動や経験について」


日時:平成24年11月19日(月)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2、電話03-5458-4162)
講師:ライサ・ポッラスマー氏(法政大学・大学院研究生)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)

現在法政大学大学院で学ぶポッラスマーさんは、
書籍「北緯60度の『日本語人』たち」の出版に関わってこられました。
その出版のきっかけになったフィンランドでの日本語セミナーや日本語教育、
そしてご自身の日本語教育の経験や研究について、お話していただきます。

10月例会:「翻訳書の来る道
日時:平成24年10月23日(火)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2、電話03-5458-4162)
講師:古市真由美氏(フィンランド語翻訳者)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)

「外国語の本、特にフィンランド語のような希少言語の本は、
どのような道をたどって日本の読者のもとに届けられるのでしょう? 
2012年3月刊行の拙訳書『白い死神』などを例に、
翻訳書ができるまでのあれこれをお話しします。」
お楽しみに。


-9月例会:「どこにもない国に生きたエディス・セーデルグラン」
日時:平成24年9月4日(火)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2、電話03-5458-4162)
講師:三瓶恵子氏(ケイ・インターナショナル代表)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)

「今から約100年ほど前に北欧近代自由詩の先駆者として
31年の短い生涯を駆け抜けた女流新人がいる。
彼女の名はエディス・セーデルグラン。
1916年に『詩集』でデビューしたエディスは
伝統的な規則に縛られない自由なリズムの
スウェーデン語近代詩を作り続けた。
エディスは16歳のときに結核に罹り
フィンランドのカレリア地方のライヴォラ村で静養したが、
1917年のロシア革命によって財産を失い、
困窮のうちに1923年に死去した。
エディスは生きている間はその先進性が受け入れられなかったが、
死後、世界中に知られるようになり、現在では30ヵ国で翻訳されている。
エディス・セーデルグランの詩はその後のフィンランド
およびスウェーデンの近代詩に大きな影響を与えた。
清涼で且つ謎に満ちた彼女の詩の世界は
現代においても非常に魅力的なものである。」
 


-
6月例会「デジタル外交から民間外交へ」-
日時:平成24年6月19日(火)午後6:30〜 
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30−2 TEL:03−5458−4162)
 講師:服部 航氏(フィンランド大使館広報部 プロジェクトコーディネーター)  
会費:1500円(会員外のかたは2000円)
ソーシャルメディアを活用した外交に注力するフィンランド政府。
デジタル外交と呼ばれるこの新しい試みをいち早く取り入れ、成功へと導いた駐日
フィンランド大使館の事例を紹介していただきます。


-5月例会 「会員親睦会」-
日時:平成24年5月28日(月)午後6:30〜 
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30−2 TEL:03−5458−4162)
 会費:1500円(会員外のかたは2000円
-第37回通常総会-
 
日時:平成24年5月28日(月)午後5:00〜(開始時刻にご注意ください。)
 場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30−2 TEL:03−5458−4162

-4月例会:「クリエイティブ・フィンランド
−都市・建築・プロダクトのデザイン」 -


日時:平成24年4月24日(火)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2、電話03-5458-4162)
講師:大久保慈氏(建築家)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)

「フィンランド・ブランドという国家戦略があります。
それを建築設計者としての視点から最新の都市計画、建築をまじえて紹介いたします。
ここ2年ほど私が設計を担当していたリハビリ病院の計画に関しても
その一例としてお話します。
また震災後の日本に、フィンランド建築ができることを
地域計画、建築を通して考えてみたいと思います。」


-3月例会:「障害のある子もない子も共に保育
〜多様性こそ豊かだ〜
第3回子ども環境セミナーツアー・フィンランド2010視察より」 -

日時:平成24年3月26日(月)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2、電話03-5458-4162)
講師:小杉皓男氏(子ども関連の編集&ライター、当会会員)
北方美穂氏(子ども関連の編集&ライター、当会会員)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)

 
『外国籍の親をもっている子どもも障害をもっている子どもも、
それをハンディとするのではなく、その子の「個性」ととらえる。
そこに「こんなにさまざまな子どもたちがいることは豊かなことだ」と、
すべてを肯定的に受け止める姿があった。』



-2月例会:「Recent economic situation in Finland」 -
日時:平成24年2月16日(木)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2、電話03-5458-4162)
講師:ユッカ・パヤリネン氏(在日フィンランド大使館 一等書記官)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)

通商・経済金融関連問題ご担当のパヤリネン一等書記官にお話していただきます。
英語でのお話で、通訳は下村雅子氏(フィンランド大使館)です。


-1月例会:映画「The Hardest of These is Love」上映会−」

日時:平成24年1月23日(月)午後6時30分より
場所:桜丘町施設(渋谷区桜丘町30-2、電話03-5458-4162)
講師:橋本晴子氏(北欧映画.comディレクター、当会会員)
会費:1,500 円 (会員外の方は2,000 円)

北欧の先住民族サーメ人の若い女性が<愛について>をテーマに制作し、
発表されたドキュメンタリー映画を上映します。
冬には気温が-55度まで下がることもある北極圏で、人間味あふれる愛でお互いを
思いやりながらあたたかく暮らす人々。素敵なインテリアの家や北極圏の
冬の人々の暮らしぶりも垣間見える、心温まるドキュメンタリー。サーミ民族の
伝統歌ヨイクの素晴らしい歌声に彩られた素敵な北の国の映画です。
この映画の配給会社ディレクターの橋本晴子氏に解説していただきます。
上映時間は約25分の予定です。


過去の
例会情報